キシリトールのやさしいお話

キシリトールは天然の甘味料で、シラカバやカシを原料に、主にフィンランドで生産されています。

キシリトールって聞くと単に砂糖の代替品のイメージがあると思います。
でも、それだけではないのです。

虫歯は主としてミュータンス菌というお口の中に棲んでいる菌の仕業です。
ミュータンス菌はお口の中にショ糖などが入ってくると、自分の中に取り入れて酸を発酵します。その酸によって歯の表面が壊されて虫歯のはじまりとなります。

キシリトールはショ糖ではありませんが、そのつくりがショ糖そっくりにできています。そのためにミュータンス菌はショ糖と間違えて自分の中に取り込み、一生懸命に酸を発酵しようとします。

しかし、キシリトールはキシリトール、ショ糖ではない。 ミュータンス菌はエネルギーを使い果たし、死滅してしまう。

残ったミュータンス菌はその多くが虫歯をつくらない善玉菌になるのでした。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはミュータンス菌はいません。乳歯が生え揃う、2才半~3才くらいまでの期間に主として養育者から菌が感染して、定着すると言われています。

え~  じゃ、わが子にうっかり近づけないじゃない!?

いえいえ、スキンシップはお子さんにとって、とても大切な事です。上でお話した善玉菌を定着させればいいのです。

わかりますね!

    お母さんがキシリトールを習慣的に摂取しておけばいいのです。できれば、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん・・・たちもネ!!

yoyakuform

コンテンツ

歯科治療

オーラルエステ

moriblog.png
staff_blog.png

診療時間等

診療時間

月・水・金:10:00~19:00
火・土:9:00~18:00

休診日

木曜・日曜・祝祭

MAP

 

FB LIKE BOX

Please publish modules in offcanvas position.