時間の経過と虫歯のお話

虫歯って少しずつ確実に悪くなる一方通行で進行していくって思われていませんか?実はそうではなく、虫歯に成りかけたり、治ろうとしたりと、行ったり来たりしているのです。

 

thumb_yobou01

虫歯は主にミュータンス菌という虫歯菌が酸を発酵することから始まります。

左のグラフはお口の中のPHを表しています。(酸性に傾いているのか、中性なのか・・・)食後に酸性に傾いた状態から時間の経過とともに中性に戻っていっているのがわかります。

赤い部分は歯の表面が壊されて、虫歯を作っている時間(脱灰)、青い部分は壊れされた表面が元の状態に戻している時間です(再石灰化)。

つまり、飲食後、なるべく早く中性の方へ戻してあげると虫歯の危険から遠ざけられる、という事です。   

そこでお勧めしているのが重曹によるうがいです

yobou2

酸性に傾いたお口の中は歯磨きをしなかったとしても、時間はかかりますが、徐々に中性に戻ります。

これは唾液の働きに因るものです。この働きを唾液の緩衝能と言います。

左のグラフは緩衝能や食事の回数によって、赤い部分と青い部分の面積がいかに変わるかを表しています。
とくに、寝る前の飲食は睡眠中唾液の分泌が減りますので、悪い影響が大きくでています。

《日本ヘルスケア歯科研究会スライドより》

yoyakuform

コンテンツ

歯科治療

オーラルエステ

moriblog.png
staff_blog.png

診療時間等

診療時間

月・水・金:10:00~19:00
火・土:9:00~18:00

休診日

木曜・日曜・祝祭

MAP

 

FB LIKE BOX

Please publish modules in offcanvas position.